スポンサーリンク
未分類

決断の時~最終章~

私はカウンセラーからの助言通り、彼が家にいない時間を見計らい家を出ることに決めた。 彼は毎日朝の8時から仕事のため、7時半頃には家を出る。 基本的に夕方までは帰宅しない。ただ、家から近い職場で、さらにファミリー経営の仕事のため...
未分類

決断の時~後編~

タイミングが驚くほどぴったりなのだが この一件の翌日、私はファミリーカウンセリング(米国ではよくあるカウンセリング。夫婦共にでも、夫婦の片方だけでも、夫婦関係を改善するために受けるもの)の予約が入っていたので 一人で出向いた。...
過去

決断の時~中編~

警察署から家に戻った私は車を降り、玄関へ向かった。 内心どこかで、”もしかしたら彼は今回のことで本当に反省してくれるかも”と期待をしていた。 ドアを開けようとすると ”え・・・開かない・・・鍵かかってる・・・” 私...
過去

決断の時~前編~

彼の母親からも忠告を受け、別れをも勧められ、 彼が私の知っている”彼”に戻ることはほぼ絶望的だった。 だが・・・なぜか私はどうしても彼を突き放すことができなかった。 ”まだいつか変わってくれるチャンスがあるかもしれない・...
過去

隠し事

掃除中、彼のズボンのポケットから見つけたもの、それは ドラッグを吸うのに使用するパイプ 私はそれを見た瞬間、一瞬で血の気が引いた。 ドラッグを実際に見たこともない私でも、それがパイプであることはすぐにわかった。 ...
カリフォルニアライフ

アメリカでの生活の始まり

彼が一度日本に来て暫く一緒に過ごしてから、ビザの手続きも足早に済ませ、 私は彼の待つアメリカへと戻った。 アメリカでの生活に対しては、もちろん楽しみもあり、 こんな突然の決意で飛んできたけど大丈夫なのか、という不安もあり...
人生の転機

分岐点-選んだ道は・・

彼から”もう一度やり直さないか?”と聞かれたとき 私は、”今のこの負の状況、この生活から抜け出せれるいいチャンスになるかも・・・”と安易な気持ちで捉えていた。 やり直す・やり直さないは今すぐ決めなくとも、今こうしてまた彼と繋が...
未分類

ひょんなことから・・

離婚直後、心身ともに疲労を感じていた時 ある一通のメッセージが届いた 忘れもしない。あれは私がその当時働いていたオフィスでお昼休憩をとっている時。 その日はたまたま一人でランチをしていて、ふと携帯を見たときに見えた”未読...
学んだこと

それぞれの道へ

私の中にできた小さな心の変化のしこりは、どんどんと大きくなっていってしまい 気が付いたときには、既に手の施しようがなくなってしまっていた。 私は昔から、 白黒はっきりしないと気が済まないタイプ。 中途半端な気持ちで...
学んだこと

辛かった努力

彼はいわゆる”イケメン”と周りに言われるような容姿端麗な人だった。 肌はいい小麦色、約185cmほどある高身長、がっちりした体つき、堀の深い顔立ち、目はくりっとまつ毛は長く、大きな笑顔が特徴的な人。 誰にでも優しく、男女問わず...
スポンサーリンク