決断の時~中編~

過去

警察署から家に戻った私は車を降り、玄関へ向かった。

内心どこかで、”もしかしたら彼は今回のことで本当に反省してくれるかも”と期待をしていた。

ドアを開けようとすると

”え・・・開かない・・・鍵かかってる・・・”

私はあの時とっさに車の鍵だけを持って飛び出したから、家の鍵は置いていっていた。

何度もノックをするが彼は出ない。インターホンも鳴らし続けるが、まだ出ない。

何度もしつこくしつこくインターホンを鳴らし、”開けて”と言い続けようやく

ガチャ

鍵が開いた。扉を開くとそこには彼と彼の娘も起きてきていた。

(喧嘩の際は彼女は既にベッドで寝ていた。だが喧嘩が大きすぎて起きてしまったのだ)

”なんだ、俺らを捨てて出て行ったのに、戻ってきたのか”

既にこの家の中で私の立場は完全に悪者。二人を置いて飛び出た悪者。

私は呆れて何も言えなかった。

娘のいる前で・・よくもそんなことを・・・私は全てを置いて彼と彼女のために渡米して頑張ってきたのに・・

もうその時の私は怒りと絶望しかなかった。

彼は続けて言った。

”お前は俺らを置いて出て行った。そんなお前は〇〇(娘)の母親なんかじゃない。俺らの家族なんかじゃない。というよりも、一度も本当の家族だった瞬間はない。”

置いて出て行った・・・?私はあの場に居続けたら自分の命が危ないと思う状況だったのに、それを私があなたたちを置いて出て行ったってどういう言い草・・?

もしかしたら私が家を出ている間に反省して、ごめんの一言くらいあるかな、って期待した私がばかだった。

この彼の態度、そして私に放った言葉を聞いて、私の中で何かがすっと消えた。

今まで悩んでたことや、苦しめられていたものから解放されたかのような、もうどうでもよくなった、という言葉が一番合っているだろうか。

心の中で私は決断した。

コメント