それぞれの道へ

学んだこと

私の中にできた小さな心の変化のしこりは、どんどんと大きくなっていってしまい

気が付いたときには、既に手の施しようがなくなってしまっていた。

私は昔から、

白黒はっきりしないと気が済まないタイプ。

中途半端な気持ちで続けていくことが嫌いなタイプ。

思い立ったらすぐに行動してしまうタイプ。

これがこの時にも発揮されてしまい、”もう彼とはやっていけない”、と自分の中で決めてしまった。

彼の意見にも聞く耳持てず、もう無理なものは無理。夫として、男として見られない。決めたら行動は一日でも早いほうがいい。

私はそんな負の気持ちの連鎖から抜け出されずに、決断を下したのだ。

今の私であったらあの時こうしていたかな、と考えることも正直ある。

様々な失敗・経験も重ねてきた今だからこそ、客観的に見て考えられるようになった。

だが、その当時の若い私は、そこまで考えることができず、気持ちのまま行動してしまっていた。

結婚というものは、二人の他人同士が力を合わせて努力の上築き上げる一つのチーム

他人同士であるということは、生まれ育った環境も、家族構成・家族関係も、違って当然。

違うということは、考え方も必然的に違うのが当たり前。

何度も言うが、今となっては、それもきちんと理解できる。

ただ昔の私は、彼の行動が理解できなかったり、自分の思っているようにことが進まないと、”私たち合わないんじゃ・・?”とか、”このままでうまくいくの・・?”

とマイナスに考えがちであった。

別れに至るまでは、もちろん前述した事柄だけじゃなく、

将来性の考え方・方向性への違いも目に見えてきてしまったため、それぞれの道へ進むことが最善だと思った。

そこから私の人生は違う方向へ進んでいった。

コメント